クレンジング&ウォッシング方法

クレンジングという言葉は、メイクを落とす事を一般的には言っています。

クレンジング剤の種類は、◇オイル◇ミルク◇ジェルなどがあります。使いやすさ、メイクの濃さなどで選びます。


@アイメイクは、オリーブオイルなどをコットンなどに付けて、やさしく押さえてメイクを浮かせておきます。アイメイクの汚れが広がらないように、コットンを目の下におくなどして工夫しながら、丁寧に馴染ませていきましょう。

A唇は、円をかくように指のはらでやさしく落とします。流す時は、クレンジング剤となじませながら、丁寧に流しましょう。



メイクは油分からできているため、メイクを落とすには界面活性剤が必要です。メイクとクレンジングの油分を馴染ませメイクを落としています。


クレンジングは時間をかけてしっかり落とすというイメージがありますが、これは肌の必要な油分まで奪ってしまう可能性があり、乾燥する原因になりかねません。

クレンジングは手早くするのがポイントです!


目元などのデリケートな部分は、界面活性剤の入っていないオリーブオイルなどを利用して、メイクを浮かせておき、最後クレンジング剤をサッサと馴染ませて、ぬるま湯で流しましょう。


熱いお湯では毛穴が開きすぎて乾燥してしまいますので34度位温度位を目安に。


◇タイプ別◇メイク落としの特徴

@オイルクレンジングは、界面活性剤の含有量が多く、肌に負担が大きいです。ですが、油分となじみがいい分メイクをしっかり落とすことができます。


Aミルクの用に水分を多く含んでメイクとなじみにくく低刺激ですが、しっかりメイクを落とそうとすると、余計な力を加えてしまうということも考えられます。

ミネラルファンデーションを使ってる人とかは、ミルクのクレンジング剤で十分汚れを浮かすことができるのではないかと思います。


Bクリームタイプのものは、海面活性剤も強すぎず、メイクを落とす効果もあり、バランスがとれています。クリームだとついでにマッサージとかしたくなりますが、これはクレンジグ剤が肌に触れている時間が長くなってしまうため、よくありません!

Cふき取りタイプは、アルコールや防カビ剤が入っているので、刺激が強いです。

Dジェル状のクレンジング剤は、リキッドに近いものだと刺激が強い。


クレンジングのポイントは、その日のメイクの濃さに合わせ、クレンジグと洗顔の両方で、角質やメイクが落ちるという感覚で上手に使いましょう。


新感覚!水の力で落とす!100%オイルカットを実現!

2008年オルビス商品売上No.1
■価格:\1.407、初回購入300円引き/送料無料

天然素材の力で美肌に


安心へのこだわり 自然派石鹸
■価格:\2,940/送料無料/安心の全額保証
詳しく見る