ニキビ肌あきらめるな!きちんとニキビケア

ニキビ(尋常性座蒼)ができる原因は、毛穴の中には、毛根と共に皮脂を分泌する皮脂腺があります。この分泌されている皮脂がうまく排泄できなく毛穴に詰まってしまうことが原因です。


@白ニキビ…毛穴の中に皮脂が溜まった最初の状態、1.2ミリくらいのぷつぷつができる。

A黒ニキビ…皮脂が固まってできたココメドが黒い芯となって開いた毛穴から見える状態。

B赤ニキビ…ニキビは詰まった古い皮脂の中に、皮膚の常在菌であるアクネ菌が繁殖し炎症を起こしている状態。

さらに重症化すると、中で膿んだりして真皮や皮下組織までに炎症が及んでしまいます。こうした状態が長く続けば続くほど、元の状態に戻るのも時間がかかります。悪化する前にきちんとしたケアをして抑えましょう。


思春期ニキビの原因とされている皮脂の過剰分泌、その皮脂腺の活発化には、アンドロゲンという男性ホルモンの分泌が影響しています。人間の一生の中で、分泌量は個人それぞれですが、皮脂腺が活発になる時期がどうしてもあるのです。幼い赤ちゃんで、たまに黄色いかさぶたのようなものが顔についている子もいます。生後半年くらいまでと思春期の時期は皮脂の分泌が活発になる時期でもあるのです。



思春期ニキビケアで大切なポイントは、

◇正しい洗顔方法、汚れや必要以上に分泌された古い角質や皮脂を取り、清潔な肌にします。十分に泡立ててニキビを刺激しないように、朝と晩2回石鹸を使って洗顔する。
◇油分を含む化粧品を使わない。やっぱりニキビ用のスキンケアのほうが良い。

◇汗をかいたりした後は、水だけでもいいので早めに洗い流します。

◇あぶらとり紙などを使いすぎて必要以上に皮脂を取ってしまうと、肌は防衛反応で余計脂を分泌してしまいます。

◇甘いものや動物性脂肪の食べ過ぎは皮脂腺を活発化させニキビを悪化させてしう原因となります。

◇睡眠もしっかりとって、便秘などにも気をつけましょう。

◇顔に触る癖や髪の毛があたって、皮膚への刺激が皮脂の分泌を活発にさせてしまう場合があるので、気をつけましょう。



わたしもニキビで悩まされましたが、おすすめなのが↓

朝起きたら、蒸しタオルするのも良いと思います。皮脂が溶け出す温度は34℃前後だと言われています。でも乾燥してしまう部分などでてくるかもしれないので、脂っぽいときだけにしたり、温度を調節してみたりしてください。


思春期の終わりごろには、男性ホルモンの影響によって過剰に分泌されていた皮脂分泌もおさまってくると、ニキビも自然にできなくなってきます。


真鍋さん肌キレイになりましたよね!('▽')使ってみて安心の全額返金システム

ニキビと戦う!プロアクティブ 効果が出なければ60日間以内なら返品できる!しっかり試せる、自信ありのロングセラーニキビケア!
価格:\8.400/送料900円