ウォッシング方法

肌にとって余分なものは洗顔で落とします。下準備として手を洗います。汚れていると泡が立たないので。


@ 顔をぬるま湯でよく濡らしてから、泡立てネットを利用したりして洗顔料をよく泡を立てます。(空気を含ませるようにするとよく泡立ちます)
A 泡を顔の上で転がすように、小鼻、Tゾーン、アゴから洗います。唇も忘れずに!すすぎはぬるま湯でよく洗い流しましょう。

※泡立てるには、ネットや布(竹や畳の繊維などを織り込んだもの)マイクロファイバーで作られたパフやクロスもあります。どれも洗顔を楽しくしてくれますし、お肌もつるつるになりますが、毎日使うと肌が負けてしまうかもしれないので週に1.2回から試してみましょう。



洗顔やクレンジングの後は、ぬるま湯を使用するのがお勧めです。水では毛穴が開きませんし、熱いお湯では肌にダメージを与えてしまいます。34度位から皮脂が溶け出すと言われています。

※季節や肌の乾燥具合によって温度を調節してみましょう。


最後に吸水性のいい柔らかなタオルを使いましょう。そっと顔にタオルを乗せるようにして水気を取ります。乾燥がひどい方は、濡れタオルで拭いてみましょう。


肌の状態は季節、体調や年齢で変化してしまいます。自分の肌と相談しながら、自分に合った洗顔方法を実践していくことがポイントです。洗顔料は、ご自分の肌質に合ったものを選ぶのが大前提です!


天然素材の力で美肌に


安心へのこだわり 自然派石鹸
■価格:\2,940/送料無料/安心の全額保証
詳しく見る

ヘチマ水スキンケアセット500円〜【送料無料】
■価格:\390〜/送料無料
詳しく見る

もしかして、すっぴん?
■価格:\3.000/おすすめ墨石鹸!
詳しく見る